DIANE VON FURSTENBERG

p1

DIANE VON FURSTENBERG

DIANE VON FURSTENBERG(ダイアン フォン ファステンバーグ)はアメリカのニューヨークで生まれたファッション・ブランドである。ベルギー出身のデザイナーであるダイアン・フォン・ファステンバーグが1970年代に立ち上げた。ブランドの代表的なアイテムにはラップドレスや靴、バッグやコスメなどがあり、デザインだけでなく機能性を持ち合わせており、当時としては革新的なジャージー素材で作られたラップドレスを誕生させたことで、アメリカにおけるファッションの歴史を変えたと言われている。ブランドのコンセプトは「ドレスを着ることで、女性を感じて」というダイアン自身が語った言葉で、現在もブランド・コンセプトとして受け継がれており世界中にブランド展開を広げている。独特なカッティング技術によって、女性たちを美しく魅せるマジックのようなドレスを生み出している。大胆且つ鮮やかなプリント柄、リラックスできる素材やウォッシャブルなどの性能があり、着用したときの範囲の広さや着心地の良いスリムなスタイルが特徴的である。大人の女性がシックなイメージで着ることができ、フェミニンで知的な女性に人気が高いブランドである。

■特徴
DIANE VON FURSTENBERG(ダイアン フォン ファステンバーグ)は、1970年代ニットジャージー素材でできたラップドレスでキャリアをスタートさせた。すぐに爆発的な人気となり、アメリカのファッションの歴史を変えたと言われており、日本でも大人の女性が着るブランドとして人気を集めている。イギリス王室のキャサリン妃がドレスを着たことによって、世界中での知名度をより上げ近年カリスマとも言える人気ブランドになった。非常に機能的で、カッティングや縫製などの技術は高く、ラップドレス特有の美しいシルエットに仕上がっている。ダイナミックなカラーのものが多いが奇抜な感じにはならず、非常にエレガントな雰囲気を醸し出す。ラップドレスは女性たちを美しく魅せる魔法のドレスとして有名で、「ニューズウイーク」誌では、デザイナーであるダイアン フォン ファステンバーグのことを「ココ・シャネル以来最も成功した女性」と高く賞賛している。

p2